あけましておめでとうございます!!

 

2016年も終わり
2017年が始まりましたね!

 

これを見ているあなたは
どんな2017年にしたいですか??

 

そして、年が明けたら
皆がすることといえば初詣ですよね!

 

あなたは正しい初詣のやり方を
知っていますか?

 

それにいつまでに神社へ行けばいいか
知っていますか?

 

知らないあなたにお話しします!

 

スポンサーリンク

 

正しい初詣のやり方について

 

まずは神社選びから
やらないといけないのは知っていましたか?

 

『神社』ってついていたら
どこでもいいんじゃないの?

 

なんて普通の人は考えると思いますが
神社とつくのに同じ敷地に
『墓』があるところは神社ではありません。

 

『寺』から鞍替えして
神社と名乗っているところなんです。

 

なのであなたが初詣に行く
神社の敷地にお墓があったら
それは神様がいる神社ではないということ。

 

寺は『仏』さまがいるところ。
なんですよ〜。

 

で、ここで神社選びが終わって
さあ初詣!

 

どうやればいいんだろ?

 

とりあえずお賽銭を入れて
お願い事を言えばいいでしょ!

なんて思ったりしていませんか?

 

それじゃ意味がないって
知っていましたか??

 

結構、知らない人が
多いんですよね。

 

お賽銭を入れて
自分のお願いを言うことが
正しい初詣のやり方と思っている人が
なんと多いことか。

 

実は鳥居をくぐる前から
初詣が始まっているんですよ?

 

正しい初詣のやり方です!

 

まず、鳥居の前に来たら
両手を合わせて心の中で
『お邪魔します』と言って
鳥居をくぐります。

 

そして、鳥居をくぐったら
参道を歩くことになりますけど
真ん中は歩いちゃダメなんですよ?

 

真ん中は神様が通るところ!
なので端を歩きます。

 

次に手を洗うのですけど。
手を洗う時もちゃんと順番があるんですよ。

 

まず右手で柄杓を持つ。
左手にかけて洗う。
左手に柄杓を持ち変える。
右手にかけて洗う。
右手に柄杓を持ち変える。
左手に水をため口をゆすぐ。
この時に喉を洗うようにする。
(うがいのように上を向いてガラガラする)

そして、手を持ってきたハンカチで拭く。

 

ここまででも初詣のやり方が
結構あるんです。

 

さて、これで神様に
お礼を言う準備ができました。

 

そして、ついに参拝!

 

まだまだ正しい初詣のやり方は
続いていきます(笑

 

お賽銭を入れます。
(いくらでもOK、多いと神主さんが喜ぶだけです笑)
鈴を鳴らします。
二礼(90度まで曲げる)
二拍手(胸の前で叩く)
手を合わせて心の中で
↓ここから重要↓


氏名、生年月日、住所、本籍(住所と同じなら言わなくていい)
を伝えて、今年もありがとうございました。

 

と言うだけ!

 
スポンサーリンク
 
神社というのは
お願いを言いに行くところではないんです。

 

感謝を伝えに行くところなんです!

 

いいですか、大事なので
もう一度言います!!

 

神社とは感謝を伝えに行くところ!

 

お願いを言うところではないんですよー。

 

そして、参拝が終わって
入ってきた鳥居をくぐったら
鳥居に向かって一礼。

 

その後はまっすぐ家に帰りましょう!

 

というのもせっかく神様からもらった福を
寄り道したことで家に持って帰られないのです。

 

以上が正しい初詣のやり方です!

 

初詣はいつまでに神社に行けばいいの?

 

実は初詣はいつまでに神社に行けばいいとか
決まりがないんです。

 

なので年が明けて
初めて神社に行った時が
初詣ということになります。

 

でも世間的には三が日に
行くのが浸透していますね。

 

三が日に行くと人が多くて疲れるし
そもそも人混みが苦手…

そういう人は無理して
三が日に行く必要はないということです!

 

まとめ

 

いかがでしたか??

 

初詣というと神社と名前が付いていたら
どこでもいいと思っていたり

『お願いをする場所!』
なんて思っている人が多いですけど

実は同じ敷地にお墓がある神社はNG。
そして『感謝』を伝えに行くところなんですよ!

 

いつまでに神社に行けばいいのかというと
それはこだわる必要がないということ!

 

 

2017年、いいスタートをするために
正しい初詣のやり方を行い
神様に幸せを運んでもらいましょう!

スポンサーリンク