口内炎が同じ場所に何度も繰り返し
できてしまうのは危険かもしれません。

というのもその裏には
実は病気が潜んでいるかもしれないからです。

 

口内炎が何度もできる際に
常にできる場所が違えば良いのですが

治ったと思ったらまた同じ場所にできてしまう…

そんな経験はありませんか?

 

だとするとその口内炎は危険な
病気が隠れていたりするかもしれないので
病院へ行くか、用心深く経過を
見る必要が出てくるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

口内炎が同じ場所に繰り返しできる理由

 

これには幾つか理由があります。

 

✅噛み合わせが悪い

 

上の歯と下の歯の噛み合わせが
うまくいかないことで
口の中を噛んでしまって傷つけてしまい
できてしまう場合があります。

噛み合わせが悪いので
負担のかかるところも同じになりますので
当然ながら怪我をする場所も
同じところになりやすくなります。

 

なので噛み合わせが原因の口内炎は
同じ場所に繰り返しできる可能性があります。

噛み合わせが悪いかどうかを
確認するには大きく口を開ける時か
大きく口を開けて閉じるときのどちらかで
顎がスムーズに動かずに

『ガクッ』となる場合は
噛み合わせが悪い可能性があります。

 

また、食べ物を食べる時
顎が痛くて食べられないとか

口が開きづらい場合も
噛み合わせが悪いと思っていいでしょう。

 

歯科、もしくは口腔外科へ行き
診察してもらいましょう。

 

✅顎の位置が悪い

 

どういうことかというと
鏡で正面から顔を見たとき
鼻を中心とした場合どちらかの口角が
上がっているもしくは下がって見える。

このような状態だと
どうしても片噛みになりがち。

その際に口の中の同じ場所に
傷をつけやすいので同じ場所に
口内炎ができてしまったりします。

 

また循環も悪くなってしまったりするので
どうしても傷ができた際に
治すための免疫力なんかも強い場所と
弱い場所に分かれます。

弱い場所は治りにくいので
傷を治す力も低く同じ場所にできやすくなります。

 

この場合は、骨格が生活で歪んでしまったために
整体院や接骨院で直してもらうといいでしょう。

他には歯科や口腔外科で
診てもらうこともいいですね。

 

✅栄養不足

 

舌体と言われる舌の先から
3分の2程度のところまでの部分と
歯茎にできる場合は栄養の偏りによって
できているでしょう。

 

甘いものをよく食べる。
炭水化物をよく食べる。
肉をよく食べる。

など一度食生活を
見直してみるといいでしょう。

 

同じ場所に何度も繰り返す口内炎は危険?

 

さて、何度も何度も
同じ場所に繰り返しできると

『この口内炎は何か危険なのでは?』

なんて思ったりしてしまいますよね。

 

いくら口の中といえど
場所は他にもあるのに決まって同じ場所だと
心配してしまいますよね。

 

では何か危険性があるのかというと
それはないということ。

同じ場所にできてしまう
ほとんどの場合は噛み合わせなどといった
顎からくる問題が多いので
そのような口内炎は危険ではないということ。

しかし、噛み合わせといったことを
治さない限りは今だけでなく
これから先も同じ場所に口内炎を
作ってしまうために気をつけるか

もしくはちゃんと治療を行い
噛み合わせをよくする必要が出てきます。

 

スポンサーリンク

 

何度も繰り返す口内炎には病気が潜んでいる?

 

できたと思っては治る。

けどまたすぐにできてしまうと
食べるだけでなく話すこともままならないので
ストレスがたまってしまいますよね。

さらに大きさが1cmになると
そのストレスもより大きくなるかと思います。

通常であれば2週間もあれば
口内炎は治るのですが
2週間経っても治らなかったりすると
病気を疑ったほうがいいでしょう。

 

このように繰り返す大きい口内炎は
厄介な病気が潜んでいることがあります。

 

その病気を幾つかご紹介します。

 

◉ベーチェット病

 

原因不明と言われる病気です。

この時にできる口内炎は
小さい口内炎が複数できるだけでなく
同時にできます。

 

小さいので治るのが早いですが
再発することもまた早いです。

この病気の場合はさらに裏に
深刻な病気を抱えている可能性があるので
すぐに病院で診察してもらう必要があります。

 

◉白血病

 

白血病ですと免疫力が
とても低くなっています。

そのために同じ場所に
いくつもの口内炎ができるだけでなく
治りにくいという性質があります。

また白血病の初期症状となるので
複数の口内炎が同じ場所にできたり
繰り返しできたりする場合は
早めに病院へ行って診てもらうようにしましょう。

 

◉尋常性天疱瘡(じんじょうせいてんぽうそう)

 

この病気の場合は国から『難病指定』されていて
治療が必須な病気です。

普通の口内炎とは
また少し違う症状が出ます。

 

初めは水ぶくれのようになります。

そして、潰れた後は
口内炎同士が合体することで大きくなり
また、形も円形状ではなく
少しいびつな形になります。

なので思い当たる節があるならば
口腔外科などへ行って診察を受けるようにしましょう。

 

まとめ

 

口内炎が同じ場所に繰り返しできると
初めの頃は『たまたまでしょ』
と済まして何も心配していないと思います。

しかし何度も繰り返されると
危険な病気が潜んでいる可能性が
あるということを知っていただけましたか?

 

もし今の症状が不安で
どうしたらいいのかわからない場合は
病院へ行って確かな診察を受けた方が
安心できるでしょうし、

また何かあったとしても治療も早い方が
治りやすいことが多いので
たかが口内炎と思わず基本的には
病院へ行って診察を受けるようにしましょう!
 

スポンサーリンク