口内炎が痛くて我慢できない。

そんな時に対策することといえば薬やパッチで対応することですよね。

でも、いざ買いに行こうと思っても時間を見ると深夜で薬局やドラッグストアが空いていない…もしくは出先で土地勘がなく近くのドラッグストアや薬局がどこにあるかわからない…

『どうしよう…困った…』


 

『あ、コンビニがある!』

『なんて思ったけどそもそも口内炎の薬ってコンビニに売ってるの?』

 

その疑問にお答えしたいと思います!

 

スポンサーリンク
 

口内炎の薬がコンビニに売っているのかどうか

 

最初に答えをお伝えします。

『売っていません』

と言うよりも『取り扱えません』と言った方が正しいかもしれません。

 

そもそも薬とは薬剤師や登録販売者といった人たちしか販売できないようになっています。

ゆえにほとんどのコンビニには薬剤師や登録販売者の人たちがいないので薬を取り扱えないために、口内炎の薬もコンビニでは売っていないということになります。

 

反対に薬剤師か登録販売者のどちらかが常にコンビニにいることができれば理論上は売ることはできます。

しかし、コンビニというと24時間365日無休。1人で常駐することは無理なので複数人いることが必須になってきますよね。

 

そんなうまくいかないのでどうしてもコンビニでの薬の取り扱いは難しくなってくるのです。

 

コンビニで売っているもので口内炎を対策するには?

 

コンビニに口内炎の薬が売っていないとなるとドラッグストアや薬局に行く必要が出てきます。

しかし、急いでいると探すこともできませんし、深夜や早朝であったりすると空いていることもありませんよね。

 

そうなるとコンビニで何か口内炎の対策になるものは何かないのか?なんてことになるかと思いますので、コンビニで買えるものでできる対策をお伝えします。

 

◉オススメその1 サプリメント

そもそも口内炎の原因にはビタミン不足が関わってくるのでサプリメントで効率的にビタミンの補給を行うと良いでしょう。

また口内炎に効くと言われるチョコラBBのドリンクであればコンビニでも買えますので最もオススメの対処法になります。

 

◉オススメその2 ゼリー

ビタミンを含んだウイダーインゼリーなどもサプリメント同様にコンビニで買えます。

またあまり噛まずに飲み込めるので口内炎にもしみにくく、お腹を満たすことができるので、口内炎のときにお腹が空いた時の食べ物なんかにもオススメです。

 

◉オススメその3 はちみつもしくは塩

はちみつや塩もコンビニで購入することができます。この2つは患部に塗ることで口内炎の炎症を防ぐ菌を退治する作用があり、菌の繁殖も防ぎ口内炎を早く治りやすくします。

しかし、塩の場合はしみてしまうので注意が必要。我慢して塗る必要があります。

背に腹は変えられないと言ってもしみて痛いのであまりおすすめはできませんが、ここでは応急処置としてご紹介させていただきました。

 
スポンサーリンク
 

コンビニで薬を販売できない本当の理由

 

なんで売っていないの?と思いませんか?

これだけコンビニがあるんだから売っていてもいいじゃん!不親切!

 

口内炎の薬が欲しい人にとってコンビニに薬があると、とても心強いですがコンビニで薬が売れないのには法律で決まっているという理由があるのです。

 

その理由を詳しくお話しすると薬には大きく分けて3種類あります。

第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品という3種類。

 

第一類医薬品は、高い効果に期待できますがその反面、副作用というリスクも付いてきます。そのために販売する時に薬剤師からの説明が必須になっているのです。

第二類医薬品は、第一位類医薬品に比べると効果は劣りますが、それでも比較的高い効果のある薬。しかし、第一位類医薬品同様に副作用のリスクがあります。薬剤師がいなくても登録販売者さえいれば販売することは可能。

第三類医薬品は、よく売られているサプリメントや栄養ドリンクのこと。こちらも第二類医薬品同様に登録販売者さえいれば販売は可能になってきます。

 

一般的に、薬というものには副作用のリスクが出てきます。

『たかが口内炎だから大丈夫でしょ』というかもしれませんがそれでもリスクが存在するのが事実。

 

もし間違って薬を使用したりしたら逆に口内炎を悪化させるなんてことにもなる可能性がないとは言えないので、薬を購入する際はコンビニではなく、必ず薬局もしくはドラッグストアへ行って口内炎に効く薬薬剤師や登録販売者の方に聞き、購入するようにしましょう。

 

まとめ

 

コンビニには口内炎の薬が売っていないということ。

だからと言ってコンビニで買えるもので口内炎の対策が何もできないのかというとそうでもありません。

サプリメントや栄養ドリンクで対処したりしましょう。

 

また、ドラッグストアや薬局でなくドンキホーテなんかにも薬は売っていますのでもし近くにドンキホーテなんかがある場合そちらに行って購入するのもアリですね!

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 
スポンサーリンク