何もしなくても垂れてくる鼻水。

ティッシュでかんでも
止まらない鼻水。

 

薬を飲んで対処するのが
一般的だけれども今は授乳中。

 

よく薬の注意事項なんかを見ると

『授乳中は薬を控えましょう』
『服用する場合は授乳をやめてください』

なんてことが書いてある。

鼻水を止めたいけど
薬は飲んじゃダメ。

 

じゃあどうやって授乳中の
鼻水が止まらない症状を対策したらいいの?

ていうか本当に授乳中は薬を飲んじゃダメなの?

そう思う人のために対策法をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

授乳中に薬を服用することについて

 

基本的には授乳中は
薬を服用することを控えるように言われます。

しかし、病院へ行って
薬を処方されることはあったりします。

 

その場合は、医師による判断によって
薬が有効的で危険性が低いと
認められたからです。

 

なので反対に有益性よりも
危険性の方が高いと判断された場合は
薬を処方されないこともあります。

その場合は赤ちゃんに何かしら
影響が出る可能性があると
判断されたということ。

 

このようなことがあるために
医師によっては薬の処方を
しないところがあります。

 

処方をしてくれないから
意地悪だなんて思うのではなく

よく診てくれている

なんて見ることもできますよね。

 

そういった場合は
親切な医師に当たったと考えて
いろんなことを相談すると
いいかもしれませんね。

ここまでの話を聞いて
薬を飲まない方がいいということはわかったけど
でもなんで飲んじゃダメなの??

なんて疑問が出てくるかと思いますので
それについてお話ししたいと思います。

 

授乳中に薬を服用することでで赤ちゃんに影響が出ると言われる理由

 

授乳中に薬を服用して
なぜ赤ちゃんに影響が出るのでしょうか?

 

それは簡単。

母乳に薬の成分が混じる可能性があるから。

 

そもそも母乳とは血液。

そして、薬は飲むことによって
胃へ行き、腸で吸収され、肝臓で代謝し
血液に乗って全身へ運ばれ
効用によって作用する場所が違います。

 

ゆえに薬の成分が血液に乗って
全身を回っている際に
母乳の方に血液が回ったらどうなる?

当然ながら母乳に薬の成分が
含まれるなんてことが考えられますよね。

 

そんな母乳を赤ちゃんが飲むのですから
少なからず授乳による薬の影響が
赤ちゃんに出てもおかしくはない。

 

ましてや生後一年未満だと
ハチミツにも耐えられないほど
免疫力というものが低いので
心配になりますよね。

 

こういったことから
薬を服用しないほうがいいと
言われているのです。

 

でも授乳中でも鼻水が止まらない症状を
なんとかしたい!!

って思いますよね。

 

そこで止まらない鼻水の対策について
幾つかご紹介したいと思います。

 

薬に頼らない!授乳中の鼻水対策!

 

授乳中で鼻水が止まらないと言っても
鼻水にもサラサラな場合と
ネバネバしたりドロドロしたりする
鼻水の種類があります。

それぞれにおいて対策も変わるので
別々に解説していきたいと思います。

 

◉サラサラの鼻水の対策

 

サラサラの鼻水が止まらないと
常に上を向いていないといけないくらい
出続けますよね。

サラサラの鼻水の場合
体の中に入ってきた細菌やウイルスを
出そうとしている働きです。

 

なので無理に鼻水を抑えたりすると
体の中に細菌などを溜め込んでしまい
逆に風邪などの症状を長引かせる原因にも。

 

なので、そのためには
鼻水を出す働きを抑えず
自然に出すようにすることが大切。

 

大きく分けて5つありますので
ご自分に合った方法を
お探しください!

 

スポンサーリンク

 
●鼻うがい

鼻をかんで出すことだけでなく
鼻うがいをしたりするのもいいでしょう。

 

鼻うがいをする場合は
必ず生理食塩水を使いましょう。

というのも鼻うがいをする際に
ただの水を使うと鼻の粘膜(鼻の中の表面)
を刺激してしまい痛めたりしてしまいます。

また鼻うがい専用の洗浄液を
買って使ってもいいですね。

 

生理食塩水は
500ccの水を一度沸騰させ
冷ましてから食塩4,5gを混ぜて作ります。

 

その生理食塩水を片側の鼻を抑えつつ
抑えていない鼻から吸い込みます。

吸い込んだら飲まないようにして
息を止めて鼻から出します。

 

これを片側5回ずつ行いましょう。

 

●鼻水給水器を使う

 

 

鼻をかむことが続くと
すれて鼻の下が赤くなって
痛くなりますよね。

そうすると鼻水をかみたいけど
かめないなんてことに。

そんな時は機械に頼って
鼻水を出してあげましょう。

 

●水を口に入れて解決

 

意外かもしれませんが
水を口に入れるだけで
鼻水を止める効果があったりもします。

 

水をスプーン1杯程度
口に入れてそのまま待つだけ。

それだけで鼻の通りが変化します。

 

よくなってきたら
口に含んだ水を飲むだけ。

 

飲み込むのに
少し抵抗を感じるかもしれませんが
唾液は喉の炎症を抑制させる働きもあるので
飲み込んだ方が体にいいです。

また、鼻水が止まらないと
喉も痛い人がいると思うので
そういったは特に飲んだ方がいいでしょう。

 

あとは人によるのですが
このやり方をすると後鼻漏といった
病気になる可能性もあります。

なんでもそうですが
合う人と合わない人というのがいて
それを理解した上で
試すようにしましょう。

 

●蒸しタオルを使って対策

 

蒸しタオルを使った方法も
鼻水を止めるには効果的。

鼻を温めることで
鼻水を止める効果が出ます。

 

お風呂に入った時に
鼻水が止まるように
温めることで同じ現象が起きます。

 

●ドライヤーも効果的!

 

意外な方法ですが
ドライヤーを使った方法も
鼻の通りを良くするには効果的。

 

ドライヤーを使うだけでなく
首と肩の付け根あたり(うなじから肩まで全体)を
温めることで鼻水を止めてくれます。

 

というのも首のうなじあたりには
鼻水を止めるツボがあるので
効果的になってくるのです。

 

以上が授乳中にサラサラの
鼻水を止める薬に頼らない対策です。

 

ネバネバの鼻水の対策

 

サラサラの鼻水と違い
ネバネバした鼻水は病気が考えられます。

 

多くの場合、蓄膿症という
鼻の中に膿が蓄積されて起こる病気。

 

ネバネバした鼻水が止まらない時

✅息苦しい
✅鼻や目の周りがかゆい
✅味覚がない
✅頭痛もある
✅歯が痛む

こういった症状を感じていたら
蓄膿症の可能性があるので

まずは病院へ行って診断を受け
症状が軽いうちに対処することで
手遅れにならないようにしましょう。

 

慢性化してしまうと手術なんて場合になり
安くても10万円といった
多額のお金がかかってしまいます。

なので早めに病院へ行き、受診して
蓄膿症の重症化を防ぎましょう。

 

まとめ

 

鼻水が止まらないと
いろんなことに集中できなくなり
イライラしてしまい
ストレスがたまりますよね。

 

そんな生活から解放されたいから
薬を飲もうとしても
授乳中だと心配になりますよね。

母乳に成分が入って赤ちゃんへ影響が出た!

なんてことにならないように
授乳中で鼻水が止まらなくても
薬に頼らずできる対策をご紹介しました。

 

人によって、合う合わないが
あるかと思いますので
試してみて鼻の通りが良くなったと
実感できた方法を続けてみてください。

 

また、あまりにも症状が長く続くようでしたら
お子さんも連れて大変かもしれませんが
病院へ行って診察してもらうようにしましょう。

 

スポンサーリンク