妊婦さんの場合、胃痛の対策は
どうしたらいいか?

一体何が原因で
起こっているのでしょうか?

 

胃痛というと一般的には
薬を飲むことで対処する方法が
よく知られていますよね。

しかし、薬を飲もうとしても
副作用が心配になるところ。

 

ましてや妊婦だと
お腹の中の子供にまで
何か影響が出てしまわないかと
心配になると思います。

 

そこで妊婦さんの場合、
どんな対策をしたらいいのか?

何が原因で引き起こされているのか
まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

妊婦さんが胃痛になる原因

 

妊娠中は胃痛に悩む人も
よくいらっしゃいます。

しかし、体の中で起こる症状のために
目に見えることはないですし
なかなか痛みをわかってもらえず
表現も難しいので辛いですよね。

 

ではどんな種類の胃痛あり
原因は何があるのでしょうか。

 

つわり

 

最も多いのが
つわりが原因で胃痛になることです。

妊娠するとほとんどの方が
症状として実感します。

 

一般的には食べつわりや
吐きつわりといった
吐き気に嘔吐といった症状。

また全く感じない人から
ひどい場合は入院するほどの
つわりを感じる人もいるくらい
個人差の激しいつわり。

 

妊娠すると赤ちゃんを育てるために
たくさんのホルモンが分泌され

妊娠前と違って
ホルモンバランスが崩れることで
つわりが起きると言われていますが
まだはっきりとした原因は解明されていません。

 

妊娠初期の場合は
ホルモンバランスの変化によるつわりで
吐いたりして胃液が逆流したりして
胃が荒れると胃痛が出ると考えられます。

 

赤ちゃんの成長による胃痛

 

お腹の中で赤ちゃんが成長することで
胃が圧迫されます。

そして、押し上げられるために
胃も苦しくなり正常な働きを
することができません。

 

その結果、
胃痛だけでなく吐き気までもよおしたり

また押し上げられることで胃液が逆流し
酸に弱い食道が炎症を起こし
逆流性食道炎といった症状にも
なることがあります。

 

ストレス

 

妊娠中ですとストレスに
非常に敏感になります。

今までの体とは違い
妊娠することで様々なバランスが
変わってしまうことで
身体的なバランスが崩れるだけでなく

精神的にもバランスが崩れてしまいます。

 

また、赤ちゃんのことを考えるがあまり
食事や私生活に気を使うことが多くなって
些細なことでイライラしてしまうことで
ストレスが原因で妊娠中に
胃痛を引き起こすこともあります。

 

他にはストレスを感じることで
交感神経と副交感神経のバランスが乱れ
胃などといった内臓の働きに
影響が出ることで胃が痛くなります。

 

妊婦の胃痛を解決する対策は何?

 

対策も様々なものがありますが
副作用などを考えた場合
薬の使用はできるだけ控えたいところ。

 

そこで薬に頼らずに和らげるには
どんな方法があるのでしょうか?

基本的な考えは
胃に負担をかけないということを
意識するようにしましょう!

 

食事量を変える

 

一度にたくさんの食事を摂ってしまうと
胃酸が多く出てしまうために
胃痛を引き起こしやすくなります。

そのために少量の食事を
こまめに摂るようにするといいですね。

 

具体的には1日3食を
1日5食へ変えたりすることです。

 

食事する方法を変える

 

最近の食事は柔らかいものが多いので
あまり噛むという行為をしません。

そのために粉々になる前に
飲み込んでしまい胃に負担がかかります。

 

なのでよく噛むようにしましょう。

そうすることで負担が減るだけでなく
満腹中枢も刺激することで
少量の食事で満足感を得られます。

 

その結果、胃痛の対策にもなります!

 

空腹にならないようにする

 

胃の中に何も入っていない状態だと
胃液だけしかありません。

そうなると中の粘膜を
傷つけてしまうことで胃を痛めるので
一口分だけでもいいので
何か食べるようにしましょう。

 

昔から言われる方法なので
先人の知恵を十分に活用しましょう。

 

スポンサーリンク

 

食べ物で対策をする

 

胃に負担のかからない方法を
ご紹介して胃痛の対策をするように
お伝えしました。

次は食べる物に関してです。

 

食べ物も気をつけないと
逆に症状を悪化させてしまう
可能性が出てくるので注意しましょう。

 

摂るべき食べ物

 

オクラや山芋といった
ネバネバした食材はオススメです。

なぜかというと胃の粘膜の
保護といった役割があるために
胃酸過多による胃の痛みを予防できます。

 

またヨーグルトもいいでしょう。

ヨーグルトというと有名な乳酸菌。

この乳酸菌が胃酸の分泌を抑えるので
積極的にとるようにしましょう。

 

あとは牛乳。

牛乳を飲むことで酸性である胃酸を
アルカリ性である牛乳が中和することで
胃酸を抑えます。

その結果、胃痛の対策になります。

 

ただし、注意も必要で食後に飲むと
胃酸を薄めてしまい消化不良になり
いつまでも胃がムカムカ!

なんてことになりかねません。

それを防ぐために食前や寝る前といった
空腹時に飲むようにしましょう。

 

また、胃の負担を減らすには
野菜は消化にいいので
積極的に食べたいところ。

野菜を食べることで
胃痛の対策になるだけでなく
妊婦でも悩む便秘の対策にも
つながってきます。

 

控えるべき食べ物

 

当然ながら胃に負担のかかる食べ物は
摂らないようにしましょう。

 

代表的なのが唐辛子!

こういった刺激物は胃痛につながる
原因の大きな元。

たとえ食べたくなっても
控えるようにしましょう。

香辛料も同じ理由で
控えるようにしましょう。

 

あとはコーヒーや梅干しは
胃酸を増やすので控えましょう。

他にも揚げ物などの脂っこい食べ物。

美味しいけれども消化に負担のかかる
ラーメンやパスタ、ごはんといった
炭水化物も控えるようにしましょう。

 

ここで挙げた食べ物は
できるだけ控えた方が良い食べ物です。

 

しかし我慢ばかりするのも
ストレスによる胃痛も起きたりするので
体調を見ながら食事をし
ストレスを溜めない食生活も必要です。

 

私生活で対策する

 

食べ物や食事法に関する方法以外に
妊娠中の胃痛に効果的なのがツボ押し。

 

代表的なのが『合谷(ごうこく)』
なんていうツボがあります。

手にあるツボになるので気軽に押せますし
胃痛やストレスに効果のあるツボです。

場所は人差し指の骨と親指の骨が
ひっつくあたり。

ここを痛くない程度の力加減で
押すようにしましょう。

 

また姿勢にも注意したいところ。

特に食後は気をつけましょう。

 

胃に食べ物が入った状態で
横になったりすると
逆流の恐れがあるために
胃痛になりかねません。

そのために横になる場合は
最低でも食後1時間は開けるようにしましょう。

 

他には服装。

きつい服装ですと、ただでさえ
妊娠中でお腹が出て動きづらいのに
さらに動きづらくするので
ゆったりした服装を心がけるようにしましょう。

 

基本中の基本になりますが
妊婦といえどおしゃれしたい気持ちはわかります。

しかし、体への負担も大きいので
お勧めはしていません。

まとめ

 

妊娠中に胃痛を感じると
何か赤ちゃんに対して影響が出ないか
心配になるかと思いますが
そういったことはないのでご安心ください。

 

妊娠中のつわりによる胃痛を
対策しようとしても
つわりは自然に起こってしまう現象なのと
根本的な原因が見つかっていないために
解決策はないのが現実。

 

しかしそれ以外の妊娠中の胃痛に関しては
食生活や生活習慣を見直すことで
予防できる対策も多いので
是非見直すようにしましょう!

 

体調を万全にして出産に臨める
元気な体づくりをして
元気な赤ちゃんを産みましょう(^^)

 

スポンサーリンク