食後に来るとても強い眠気。

その眠気と戦う中で行う
仕事や授業は集中できずに
むしろ眠気との戦い。

そんな経験の一つや二つありませんか?

 

この眠気がなかったら
仕事もはかどるし、勉強にも集中できるのに…

そう思うあなたに!

今回は食後の眠気の原因と
その対策について!

そして病気が隠れているのかどうかについて
お話ししたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

食後の眠気の原因とは?

 

まずいきなりですが、
結論から述べていきたいと思います!

その結論には大きく分けて2つ!

 

食後の眠気の原因とは

1、ご飯や麺類などの炭水化物といった
糖質を摂ること。

2、お腹いっぱい食事をとること。

大きく分けてこれらが
食後に眠気がくる原因になります。

少し詳しい方なら
知っているかもしれませんね。

 

でもなぜ糖質を摂ると
眠気が来てしまうのでしょうか?

お腹いっぱいに食事をとると
強い眠気がくるのでしょうか?

 

次はこれらについて
解説したいと思います!

 

糖質【炭水化物】を摂ると眠気がくる理由とは

 

その理由とは、糖質を消化する際に
体がとてもたくさんのエネルギーが
必要になるからなのです。

そう聞いても
ちょっとピンとこないかもしれませんね。

これを詳しく知るためには
体のちょっとした構造を
知り必要が出てきます。

どういうことかというと
体が使うエネルギーとは

体を動かすことに使うエネルギーと
消化に使うエネルギーの2種類があります。

そして、
これらのエネルギーの使用は
同時に行うことができない。

 

ようは体を動かすための
エネルギーを使っている最中は
消化へのエネルギーは使えないということ。

(厳密に言うと使えないというより働きにくいと思ってください)

これが体の構造についてです。

 

なので食後に眠気がくる原因とは
体の中に入ってきた食べ物を
優先して消化させたいために
体を動かすことを控えさせようとする結果。

体を動かさないようにするためには
眠ると体を動きませんよね。

そうすると消化を優先させることができますよね。

なので食後に眠気がくるようになるのです。

 

中でも糖質なんかを食べると
消化にエネルギーをたくさん使うために体が

消化を優先させたいから
動かすためのエネルギーを
消化に使わせてください

というサインがくるわけなんですね。

 

あといきなり糖質を摂ると体も

たくさんエネルギーを使う食べ物が入ってきた。

と思うので消化を頑張ろうとします。

ですがいつまでも全力で
消化をすることなんてできません。

 

マラソンと同じで
最初から全力で走っても
最後まで体力が持たないのと同じ。

初めから消化を頑張ると
あとで消化をするのに疲れてくるから
眠気がくるといった理由もあります。

 

お腹いっぱいに食事をとると眠くなる理由

 

これも先ほど
糖質を食べると眠くなる理由と一緒で

お腹いっぱいに食事をとると
消化にエネルギーをたくさん使うために
体を動かすためのエネルギーを
消化に使わせようとする働きの結果。

 

昔の日本のことわざにあるように
腹八分目がいい理由も
こういった背景があるからなのです。

 

スポンサーリンク

 

食後に眠気を抑える対策について

 

炭水化物といった糖質を食べることと
お腹いっぱいに食事をすることが
食後の眠気の原因とお話ししました。

なので食後の眠気の対策は
簡単に言うとそれらと
反対のことをすればいいということ。

 

糖質は控えるようにする。
食事量を減らすこと。

 

とはいうもののいきなり
この2つのことはできないと思いますので
少しずつ慣れさせていきましょう。

 

ですが、ご飯やラーメンなんかは
美味しいので食べないとか
減らすといったことは
なかなかできないですよね。

 

そんな時の対策法としては
糖質をとる前に野菜を食べる。

中でも葉野菜や夏野菜が
オススメです。

というのもそういった野菜に
含まれる糖質が少ないからです。

あとはおかずから食べるようにする。

あと白いご飯は玄米に変えてみる。

他には消化を少しでも
促進させるためによく噛んで食べる。

 

こういったことを意識的に行うだけでも
食後の眠気が少なくなる対策になるので
一度やってみてくださいね!

 

食後の眠気に病気が隠れている?!

 

食後の眠気もたまにだけだったりしたら
そこまで心配する必要はありませんけど

毎日のように続く場合は
病気が隠れている可能性もあるのです。

 

というのも食事をとることで
血糖値が上がります。

その血糖値を下げるために
インシュリンを分泌させます。

ですが、これを頻繁に続けると
インシュリンを分泌させる膵臓も
疲れてくるのです。

 

その結果、正常にインシュリンを
分泌させることもできなくなり
高血糖の状態が続いてしまうことで

世人病の一つである糖尿病なんかが
食後の眠気の裏に
隠れてしまっている可能性があるのです。

 

まとめ

 

美味しいご飯やラーメンといった
手軽に食べられる炭水化物は
控えたりすることは
なかなかできないかと思います。

 

ですが、食後の眠気には糖尿病といった
病気が隠れているかもしれないので
これを機に少し気をつけて
食事をしてみたいですね!

 

糖尿病といった病気になってからでは
生活が大変になるのはよく聞く話なので
是非気をつけてください!

 

スポンサーリンク