鼻の中のかさぶたが気になるけど
市販薬で治すことはできないのか?

ワセリンやドルマイシンが
効果的と出てくるけど
実際のところはどうなのか?

病院へ行って診察してもらうのが
一番早いのはわかっているけど
診てもらうのが恥ずかしい…

 

そこで、今回は
鼻の中のかさぶたを治す市販薬は
ワセリンがいいのか?
ドルマイシンがいいのか?
テラマイシンがいいのか?

それとも処方してもらう薬がいいのか?

まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

鼻の中のかさぶたはなぜできるの?

原因についてのことや
ワセリンといった軟膏以外の
対策についてまとめてあります。

 

【関連記事】
鼻の中がかさぶたで痛い!原因と対策について

 

鼻の中にかさぶたができるのは
一言で言うと乾燥が原因なのです。

 

乾燥が原因と言われると
空気の乾燥する冬の寒い時期に
多くなりそうと思ったり、
実感する人が多いですが

それ以外の時期である
春や夏などといった
季節にもなる可能性はあります。

 

鼻の中のかさぶたは市販薬で治るのか?

 

病院へ行けば薬をちゃんと
処方してもらえるから安心できるし
治るのも自然に想像できると思いますが、

鼻の中のかさぶたを
病院で診察してもらうのは
恥ずかしくてあまり行きたくありませんよね。

 

なのでそんな人にとっては
鼻の中のかさぶたは市販薬で
治したいところ。

そうすれば
恥ずかしいことを言う必要もなく
症状を治せるので精神的に
苦痛を味わなくて済みますね。

 

そんな苦痛を味わなくて済む、
鼻の中のかさぶたを治す
市販薬は主に軟膏です!

 

一般的に市販されている軟膏は
ワセリンとドルマイシン軟膏、
テラマイシン軟膏といったがあります。

 

それぞれの効果について
ご説明します。

 

✅ワセリンの効果は?

 

ワセリンというと傷口などを
保湿させることで自分の治る力を
高めることで傷口を
自然に治していきます。

ボクシングで試合中に負った
傷口に塗る薬がワセリンなのは
以外と知られていませんね。

 

試合中にもかかわらず
ワセリンが使われるということは
傷口に対する速効性も
期待できそうですよね。

 

なので鼻の中のかさぶたにも
ワセリンは効果がありそうに感じますね。

それに家庭にもある人が多く
利用している人も多いそうです。

 

✅ドルマイシン軟膏の効果は?

 

ワセリン同様、市販薬の軟膏である
ドルマイシン軟膏。

700円程度で買えて
お手頃価格で手も出しやすいです。

 

また、成分はコリスチン硫酸と
バシトラシンという2つの抗生物質から
できています。

 

かさぶたが化膿してしまった場合
細菌の感染を予防しなくてはいけません。

 

そんな時にドルマイシン軟膏の
2つの抗生物質が抗菌作用の働きをし、
かさぶたに効果的です。

 

✅テラマイシン軟膏の効果は?

 

かさぶたが気になっては剥がす。

なんて人も多いと思いますが、
そうしていると治りも遅いですし
下手をすると傷口が化膿してしまい
よりひどくなってしまいます。

 

そんな化膿した症状を
治すためにいい軟膏が
テラマイシン軟膏。

なのでかさぶたがひどくなって
化膿してしまった場合は
テラマイシン軟膏なんかが
効果的になってきます!

 

スポンサーリンク

 

市販薬以外でかさぶたに効果のある塗り薬は?

 

一般的には何か症状を感じたりする場合、
病院へ行って診察をしてもらい
薬を処方してもらいますよね。

 

そして、処方してもらった薬で
症状を治そうとします。

処方してもらう場合は
普通なら軟膏である可能性がほとんどです。

 

また、時と場合によっては
抗生物質を処方されたりもしますし、
ステロイド入りの軟膏なんかも
処方されたりします。

ここでは処方してもらう薬について
ご紹介したいと思います。

 

◉リンデロンvg軟膏

処方箋がなければ処方してもらえない
薬の一つであるリンデロン。

ステロイドによる炎症を抑える働きと
細菌の抗菌作用がある抗生物質を
含んでいるために治りはいいそうです!

 

ただし、ステロイドが入っているので
副作用が心配になる場合は
医者と相談して処方してもらうかどうか
決めるようにしましょう。

 

◉ゲンタシン軟膏

抗菌作用や皮膚の腫れや赤みなどの
効果があるゲンタシン。

 

かさぶたにゲンタシンを塗って
治す場合もありますが、

症状によっては使用する用途が
異なってくるために医師の指示が
必要になります。

 

 

まとめ

 

鼻の中にできたかさぶたを治すのにいい
市販薬の軟膏をご紹介してきました。

 

病院へ行って診察してもらうことが
恥ずかしかったり、面倒だったりする場合は
今回の記事を参考にし
かさぶたの予防にお役立てください。

 

また、処方してもらう薬の方が
治りが早い場合がありますので

早く治すためには
やっぱり医者へ行って
ちゃんと診てもらって
薬を処方してもらう。

 

こういった方法が
一番早く治るかと思いますので
恥ずかしかったりするかもしれませんが
受診することを推奨します。

 

スポンサーリンク