鼻の中がかさぶたで痛いのって
自分しかわからないし
相談しようとしても
恥ずかしくて相談できない。

だからどうやって対策をしたら
いいのかわかりませんよね。

 

それに鼻の中のかさぶただと
人の前で剥がしたくても
鼻くそをほじっていて汚いなんて思われそう。

でもムズムズして気になりますよね。

また、何回もかさぶたを
剥がしたりしていると余計に
悪化をさせている人も意外にたくさんいます。

 

そこで今回は
鼻の中のかさぶたで痛む原因、
そして対策についてご紹介します!

 

スポンサーリンク
 

鼻の中にかさぶたができて痛む原因

 

鼻の中にかさぶたができて
痛い原因とはいったい何かというと

 

鼻の中の乾燥によってできるのです。

 

肌で考えると理解しやすいかと思います。

 

乾燥した肌はつっぱりますよね。

その状態が続くとひび割れてくる。

ひび割れたところから
血液が出てきて固まって
かさぶたになる。

 

肌にできるかさぶたと同じ原理で
鼻の中にもかさぶたができるのです。

 

また、べちゃべちゃな泥などが
乾燥した時にひび割れることを
考えると分かりやすいかと思います。

 

でも乾燥が原因で
かさぶたができるとわかっても
鼻の中の乾燥は何が原因で
起こってしまうのか?

 

なんて疑問が出てきませんか?

次はこの疑問について
解消していきたいと思います!

 

◉ドライノーズ

 

聞きなれない人もいるであろう
ドライノーズという言葉。

これが原因で鼻の中に
かさぶたができてしまうことがあります。

ドライノーズとは?どんな症状で何が原因?対策は何をするといい?

 

◉触りすぎている

 

鼻の中の通りが悪かったり
痒かったりして触ってしまう。

これがかさぶたのできる
原因かもしれません。

 

というのも鼻の中が気になって
掻いたりすると気持ちいですし、
その後のすっきり感というと
病みつきになりますよね。

それが癖になって頻繁に触ることで
出血してしまって、その後固まり、
かさぶたになる可能性が出てくるのです。

 

肌と違って鼻の中は
とてもデリケートです。

というのも鼻の中には毛細血管が
たくさんあるところで
少しの傷でも出血しやすいので
当然ながらかさぶたもできやすいです。

 

 

◉空気の乾燥した場所に長い間いる

 

乾燥した空気を鼻で吸った場合、
普通なら適度な湿度のある鼻の中も
乾燥した空気から水分が奪われることにより
乾燥してきます。

特に寒い冬の時期は
知らず知らずのうちに
乾燥してきたりするので要注意です。

 

◉必要最低限の水分すら摂っていない

 

鼻の中の湿度を保つには
体の中にある水分量も
大切になります。

 

体の中に水分があれば
保湿することができるのに
水分が少なければ

生きる上で必須ではない水分は
供給されるのに後回しになってしまいます。

なので水分を摂る意識を
持つようにしましょう!

 
スポンサーリンク
 

かさぶたの対策について!

 

本来かさぶたというものは
体の中に細菌を入れないために
必要な免疫機能の一つ。

そんな素晴らしい機能を持っているけど
かゆくなったりしてしまいますよね。

 

そんなかさぶたができるのは
乾燥が原因になってくるので
反対に加湿・保湿をすれば
対処できるということ。

ドライノーズに関しての対策

 

あと、触りすぎによって
かさぶたができてしまう!

そんな場合の対策については
とにかく触らないことをする。

触らないことで鼻の中のかさぶたも
自然と治っていきます。

 

どうしても触ってしまうなんて人は
爪を立てることはしないこと。

 

爪を立てて掻いたりすると
スッキリするのはわかりますが
傷をつけやすくなるため
かさぶたができやすいので要注意です。

 

 

治る期間ですが、早い人だと2、3日。

遅くとも1週間前後で治ってきますので
その期間は鼻の違和感などは
我慢するようにしましょう。

 

水分を取っていない場合は
水分を摂るように心がけてください。

 

ジュースやコーヒーなどは
飲まないようにして
極力水を飲むようにしましょう。

 

というのもジュースには
砂糖が多く含まれます。

糖質と体の中のタンパク質が
結合して、体温で加熱されることで
ホットケーキが焼けた時のように
表面がパサパサになってきます。

 

そうなったら乾燥しやすくなるので
かさぶたにもなりやすいです。

 

なので糖分の多い飲み物の
代表的なものであるジュースは
控えるようにしましょう!

 

まとめ

 

鼻の中にかさぶたができると
少し息がしづらいですし
違和感を感じやすいですよね。

そんな状態のかさぶたを取ると
スッキリしますし
はがすとなかなか治らないのは
わかってはいるかと思います。

 

ですが、そんなことを続けると
どんどん悪化してしまい
余計に治りにくくなります。

 

ドライノーズという症状だと
抵抗力の低い子供やお年寄りは
他の感染症などにかかりやすいので
より注意が必要になってきます。

 

少しでも気になるようでしたら
早めに医療機関へ行って
診察をしてもらうようにしましょう。

 
スポンサーリンク