目のクマがあるだけで老けて見られるというのはあなたも聞いたことがあるかと思います。

また、それだけじゃなくてふと鏡を見た時なんかに目の下にクマがあると自覚もないのに『老けて見える…』なんて思いますよね。

 

老けて見られたくない。

 

そのために目のクマを治すぞ!って思っても実はクマには黒クマ、茶クマ、青クマと3種類あって、それぞれによって原因と対処が違ってきます。

 

しっかりと原因を見極めてから原因にあった対策をすればいいのですが、実はその対策が間違っているかもしれません。

 

間違った対策をしていると、頑張って対策をしているにもかかわらずいつまでたっても目のクマが消えなくいなんてことにも。

そうならないために今回は黒クマ、茶クマ、青クマ別の目のクマを治す方法についてご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク
 

そもそもあなたはどの色のクマ?

 

まずあなたが黒クマなのか、茶クマなのか、青クマなのか。

これをしっかりと判別できないと、これからご紹介する対策も間違った対策になりかねません。

 

それぞれのクマの特徴をお伝えするので、該当するクマを見つけてください。

 

✔︎黒クマの判別法

上を向いて鏡を見た時に薄くなったり、皮膚を引っ張ったりした時に薄く見えたり、消えたりする場合は黒クマ。

また、ライトを当ててみて見えなくなったり、コンシーラーでクマを消そうと思っても消えない場合は黒クマと判断して間違いありません。

 

✔︎茶クマの判別法

黒クマは皮膚を引っ張った時に薄く見えたりしますが、茶クマは皮膚を引っ張っても色は変わりません。

また上を向いても黒クマと違い薄くならないのが茶クマの特徴。

 

✔︎青クマの判別法

青とつきますが、実際は青く見えません。青黒く見えます。皮膚を引っ張った時に色が薄くなる場合は青クマです。

黒クマと青クマの判別がつきにくいですが、上を向いて鏡を見た時の消え具合で判断するといいでしょう。

消えたり薄くなった場合は黒クマと判断しましょう。

 

 

以上がそれぞれのクマの判別法になります。

茶クマは比較的に簡単に見分けがつきますが、黒クマと青クマの見分けが少し難しいかと思います。

その場合は生活習慣を少し振り返り、運動不足、睡眠不足など血行不良になる生活をよく行うようであれば青クマと判断して大丈夫でしょう。

 

【黒クマ、茶クマ、青クマ】目のクマを治す方法と原因について

 

では、判別ができたかと思うので次にそれぞれのクマの下人と対策についてお伝えしたいと思います。

 

◉黒クマになる原因

これは加齢によって目の周りの筋肉が衰えることでできる影、これが黒クマ。

筋肉を使わない場合は若くてもなる場合があります。瞬きをしないと筋肉を使わないのでクマができやすくなります。

具体的にはパソコンをよく使ったりテレビをよく見ていたりすると、筋肉をあまり使わないので衰えやすくなり黒クマができやすいです。

 

あとはハリがなくなったり、乾燥によってたるんでしまうことで影を作ってしまうのでクマに見えます。

また黒クマは、ダイエットによって痩せたり、加齢によって脂肪が減ることで影ができるということもあります。

 

◆黒クマのを治す方法

筋肉の衰えと皮膚のハリがなくなることが大きな原因ですから、それらを回復させてあげればいいということ。

筋肉は目のストレッチで解消。瞼を強く開け閉めし、繰り返すことで筋肉を鍛えられます。

 

またハリを取り戻す場合はコラーゲン配合やヒアルロン酸配合のコスメを利用することや、ハリにいいたんぱく質やイソフラボン、コラーゲンを多く含む食事をとりましょう。

 

◉茶クマの原因

茶クマの原因は色素沈着によって起きるものなのですが、大きく分けて2つあります。

一つ目は目をこすったり、メイクを落とす際に強くこすったりすることで刺激が加わることで起きる色素沈着。

二つ目は紫外線による色素沈着。日焼けをすると黒くなるのと同じ原理。

◆茶クマを治す方法

特に目の周りに刺激を与えることが問題になってくるので刺激を与えないような対策をすることが大切。

あとは保湿することも大切。

メイクを落とす際は力加減を弱くしたり、メイクをすることを控えるようにしたりしましょう。

 

また紫外線も原因になっているので目元への紫外線ケアも忘れずに。

茶クマはメラニン色素が沈着することが原因なので、ハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体を含んだメラニンの生成を抑えてくれるコスメも使用するといいでしょう。

あとは食事。できてしまった色素沈着には柑橘類などのビタミンCを積極的に摂るようにしましょう。

 

◉青クマの原因

青クマは血行不良が大きな原因。あとは血液が汚れていることも原因となってきます。

寒い日だと唇が紫に見えた経験がありませんか?クマも同じなのです。

 

そもそも血液とは赤血球によって赤く見えています。しかし、血行不良になると赤血球を作っているヘモグロビンにに酸素が行き渡らなくなり色が黒くなってしまいます。

その結果、皮膚の薄い目の下では血液の色の変化が顕著に現れ、クマになってしまいます。

 

◆青クマのを治す方法

これは何よりも血行を良くすることが大切。

運動してもいいですし、お風呂に入ったりして血流を良くすることが大切。

 

また黒クマ同様に瞼の開け閉めを繰り返し、目の周りの筋肉を使うことで血流を良くすることも有効になってきます。

あとはお湯に浸して絞ったタオルを目に当てることや目の周りをマッサージして血流を良くすることも青クマには有効です。

 

食事で言えば、ニンニクや唐辛子を含んだ食べ物や、温かい食べ物を積極的に摂るようにして体を冷やさないようにしましょう。

 

まとめ

 

クマと言っても黒クマ、茶クマ、青クマという3種類のクマが存在します。

またそれぞれによって原因が違うので対策も変わってきます。

 

目にクマがあるだけで周囲から心配されたり、老けて見られるという嬉しくない印象を与え、損をしてしまう憎き存在。

 

ぜひ、目のクマの解決のために参考にしてくださいね。
スポンサーリンク