たくさんの対策がある花粉症ですが
梅干しが効果的なのを
あなたはご存知でしょうか?

三毒を断つと言われる梅干し。
※三毒とは血の毒、水の毒、食べ物の毒

他には疲労回復などといった
効果が特に有名ですね。

 

一般的に花粉症対策というと
薬を飲んで抑えるなんて人がたくさんいますが
それと同じくらい副作用に悩んでいる人も
多いのがまた事実。

しかし、花粉症を梅干しで対策すると
副作用の心配もなく安全にできるし
健康にもいい!

そんな嬉しい効果がある3つの理由について
ちょっとまとめてみました。

 

スポンサーリンク
 

ヒスタミンを抑制させる

 

花粉症の原因というと
ヒスタミンな事は有名です。

そのために抗ヒスタミンといった
物質を使っての注射や
薬での治療が一般的な
花粉症対策ですよね。

こう言った治療では
副作用がつきもの。

 

よく言われるのが眠くなるだとか
頭がぼーっとするといったこと。

 

しかし梅干しには
そんな副作用の心配がいりません。

なのになぜ花粉症を梅干しといった
食べ物で対策するのにいいのか?

 

それは薬同様の
抗ヒスタミン剤を出すことです。

動物実験を行ってヒスタミンの
よく成立を調べた結果は
薬が87,9%に対して
梅干しが57,3%。

 

食べ物でこれだけの抑制率があって
副作用がないことを考えれば
薬を飲むより安全ですよね。

 

免疫力を高める働き

 

自分の体の免疫力が下がってしまうことも
花粉症の原因にはヒスタミン以外に
存在してきます。

 

免疫力が下がるときというのは

✅血液の循環が悪くなる
(寒いと流れにくくなる)

✅内臓の働きが弱まる

✅体が疲労することで代謝が落ちる

などといった状況になります。

 

しかし梅干しには上記のことすべてを
解決してくれる効果があるのです。

 

酸性と言って体を錆びさせ
冷え性やシミ、シワ、喘息などに
どうしてもなりやすい現代の食生活。

 

そんな酸性に傾きやすい体内を
正常である弱アルカリ性に
保つ働きをします。
(皮膚は弱酸性)

 

その効果を発揮するのが
梅干しに含まれるクエン酸。

 

クエン酸を摂ることで

疲労物質の原因であると言われる
 乳酸を抑える効果

✅弱アルカリ性にすることで
 血液循環が良くなり
 体を温めることで免疫を高める効果

✅肝臓といった内臓の働きを
 正常化させる効果。

 

このような効果によって
免疫力を高めてくれるので
花粉症に梅干しがいいといえます。

 
スポンサーリンク
 

腸内環境を整える

 

花粉症と腸内環境に関しても
よく言われる原因ですよね。

腸内環境が悪化することで
症状も悪化してしまうとは
よく言われること。

便秘の人に花粉症が多いのは
腸内環境が良くないことが
大いに関係していると考えていいでしょう。

 

悪玉菌が増えることによって
腸内環境が悪化してしまい
腸で消化する力が弱まります。

弱まることで
花粉症の原因になるアレルギーを
うまく排泄できず体の中に
とどまってしまうことになります。

 

しかし体はアレルギーを外へ出したがるのですが
腸内で消化できないために
他のところから出さなくてはいけなくなります。

それが鼻水だったり
くしゃみだったり
目のかゆみとして出るのです。

 

梅干しに含まれるクエン酸は
そんなことにならないために
胃腸の調子を整え、腸内環境を良くし
免疫を高めてくれる効果があるのです。

 

まとめ

 

花粉症に梅干しが効く
3つの理由についてご紹介しました。

 

昔からある食材であり
保存も効く食べ物であり
健康に良いとされる食材。

 

ずっと食べても大丈夫ですので
今年は症状が辛いかもしれませんが
高い抗ヒスタミン率を含んでいるので
今から対策しても間に合いそうですね。

 

また免疫力を高め
来年の症状を軽くするといった目的で
これからちょくちょく食べていくということも
やっていけると良いですね!

なんにせよ花粉症対策以外に
健康対策にも良いので
積極的に摂ることを心がけましょう!
 
スポンサーリンク