毎年、花粉症になっていて
かかりつけの病院があるけど、
今年はちょっと違う…

 

というのも今年は妊娠中。

症状をなんとかして
少しでも抑えたい。

 

でも症状を見てもらうにも
妊婦での花粉症は何科に
受診すればいいの?

なんて疑問はありませんか?

産婦人科でいいのか、
耳鼻科に行けばいいのか、
それとも他の科なのか。

また、妊婦だと受診する際の費用が
妊娠していない時と費用が違うのか?

 

気になる悩みをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

妊婦での花粉症は何科を受診する?

 

妊娠するといろんな薬を
服用できなくなりますよね。

というのも副作用の心配から
赤ちゃんへの影響などがあるため
薬に頼りたいけど頼れない。

 

だからできるだけ花粉症の症状を
少しでも抑えるために
食べ物に気を使ったり
飲み物に気を使ったり。

花粉症に効く食べ物と悪化する食べ物とは?

妊娠中にウォーキングを
したほうがいいと聞いても
花粉が飛んでいるから花粉症の症状が
ひどくなりそうで外出できない。

 

そんな風に生活に気をつけていても
花粉症の症状が我慢できないくらい
ひどくなったりして、
ストレスもたまりませんか?

 

そんな時は無理をせずに
病院へ足を運ぶようにしましょう。

 

 

とは言いつつも妊婦での花粉症は
何科に行けばいいの??
産婦人科でいいのか、耳鼻科でいいのか。

そんな悩みが出てきますよね。

 

ですが、どちらでも構いません。

産婦人科を受診しても
耳鼻科を受診しても問題ありません。

 

というのも医者になる際には
何科であれど共通する医師になるための試験を
合格しなければいけません。

その試験は医療に関する
全般的なことになります。

 

そのために産婦人科だから
耳鼻科に関することは診れないとか

耳鼻科だから産婦人科に関することを
見ることができないなんてことはありません。

 

というよりも医者という立場の人に
専門外のことはわからない。

なんて言われたら信用されなくなるので
医者にとっても患者にとっても
いいことなんかありませんよね。

 

なので産婦人科に行っても
耳鼻科に行っても大丈夫なので
安心して受診してください。

 

ただし、耳鼻科で診てもらう際には
注意してほしいことがあります!

 

それは妊娠中だということを
ちゃんと忘れずに告げること。

 

でなければ、医者の方も薬を処方する際
妊婦だと副作用を起こしてしまう
薬を処方されかねませんので。

 

スポンサーリンク

 

また、薬を処方されたからといって
副作用が本当にないのか不安な場合は
産婦人科で服用していいのかどうか
飲む前に確認するようにしましょう。

 

意外と知られていませんが
ここまで確認する人も
結構いるのが事実なのです。

 

大切な赤ちゃんのためですから
万全を期すようにしましょう!

 

さらに鼻水や鼻づまりだけでなく
涙目や目のかゆみといった
症状もありますよね。

そういった症状が
妊婦の花粉症でひどい場合は
眼科で診てもらいましょう。

ここでも耳鼻科で診察を受けるときと同じように
妊娠中ということは忘れずに告げましょう。

 

妊婦だと花粉症の費用はいくら?普通と違うの?

 

妊婦になると普通の花粉症と違い
さらに費用がかかってしまうのか?

なんて疑問が出てきますよね。

 

結論から言うと妊婦だからといって
花粉症にかかる費用が
一般の花粉症と変わるかというと
それはないということ。

 

診察代と薬代を合わせて
最低でも3,000円はかかり
10,000円もあれば心配はないかと思いますが

何かあるといけないので受診する際は
もう少し多めにお金を
持っていくほうがいいでしょう。

 

まとめ

 

妊婦になると、気にすることが
たくさん出てきて頭が混乱して
どうしたらいいのかわからなくなりますよね。

そういったときは落ち着いて
一つ一つ解決していき、
対処していきましょう。

それぞれの病院は
症状に特化しているとはいえ

どの病院の医師も医者になるまでに
医療全般に関する知識は勉強しているので
妊婦であっても花粉症を見てもらう際
何科でも見てもらっても心配はありません。

 

ただ赤ちゃんのことを考えたりすると
産婦人科で相談してから
耳鼻科へ行くことが一番いいような気がします。

 

妊婦での花粉症がひどいと
ストレスもたくさんたまって
赤ちゃんへの影響もよくありません。

 

病院へ行って診察を受け、
安全な治療を受けたり対策をすることで
ストレスから解放され、
元気な赤ちゃんを産めるようになりましょう!

 

スポンサーリンク