この鼻水なんとかしたい。

くしゃみが止まらないから辛い。

かゆくて目を開けているのも嫌。

喉も痛くなるし頭も痛い。

 

何もやる気が出ない…

 

なんとかしたいと思うし
いろいろな対策をしているけど
毎年悩まされる花粉症の症状。

これを書いている私も
重度の花粉症でした。

 

ティッシュの箱は
1日でほとんど使い切る。

鼻水が止まらないから
マスクも付け替えないと気持ち悪いので
60枚入りのマスクも
あっという間になくなる。

鼻をかみすぎて鼻の下がカサカサになって
痛いし、切れている。

目を取り出して洗いたくなるくらい
目のかゆみにイライラする。

鼻づまりのせいで
寝起きは口の中が乾燥して
喉がすごく渇いている。

 

こういったことを経験してきました。

 

そんな私の花粉症は体質改善をすることで
症状をほとんど感じなくなりました。

 

そこで、以前の私のように
花粉症で悩んでいる人に私が実践して
特に花粉症に効果のあった体質改善法と
効果のあった理由についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク
 

食生活を変えた

 

これが最も効果があったと感じています。

食生活を変えることで
体質が変わったので花粉に強くなって
症状を感じなくなった。

そう実感しています。

 

世の中には花粉症に効く食べ物として
いろんなものが紹介されていますよね。

代表的なものがヨーグルトやお茶屋
玉ねぎやバナナやわさびといったように。

 

確かに効くかと思います。

調べてみるとちゃんと効くといった
証拠などもいろいろあるようなので
食べるのはアリだとも思います。

 

しかし、私は花粉症を抑えるために
積極的にそれらの食べ物を
摂っていたかというとそうでもありません。

料理するときに
必要な食材として使うことはあっても
無理やりレシピに入れたり

花粉症に効く食べ物から
献立を考えたりなんてことはしていません。

 

じゃあどのような食生活に変えたのか?

 

これが1日1食という食生活。

もしくはせいぜい食べても
1日1,5食程度にした食生活。

また、食事内容は砂糖を控える
お菓子を控えるようにする
野菜中心の食生活にする

 

こうすることで花粉症の症状だけでなく

頻繁にできてまともに食事ができなかった
口内炎がほとんどできなくなったり

スッキリ目覚められなかった朝が
すっと目覚めるようになったり

常に体が重くてだるさを感じていて
疲れがたまっていると感じていたのに
体が軽くなって元気になったり

風邪をひかなくなったり

といったことまで実感しました。

 

食事の回数を減らし食べるものを変えるだけで
今まで悩んでいた花粉症だけでなく
いろんな症状から解消されました。

 

でもなぜ、食事を摂る回数を減らすと
花粉症の症状から解消されたのか??

食べるものを変えると解消されたのか?

 

それぞれについて
解説していきたいと思います。

 

◉食事を摂る回数を減らして効果が出た理由

 

これは内臓にかかる負担が減ったから。

これが大きな理由になります。

 

そもそも人間の体とは
消化と運動することの2つに
同時にエネルギーを使うことはできません。

 

どういうことかというと
食べた食べ物を消化している間は
体を動かしにくいということ。

これを読んでいるあなたも経験ありませんか?

 

お昼ご飯を食べた後に眠くなる。

 

これがまさに人間の体の本能。

消化にエネルギーを使うから
体を動かすことに使うエネルギーは
十分にありませんよ。

という体からのサインなんです。

 

体は胃に入ってきた食べ物を消化する。

しかし、あなたは勉強をしないといけないから
起きている。

でも起き続けるためのエネルギーを使うと
消化を十分にできなくなる。

 

そのために体は『眠気』というものを出し
消化を優先させるのです。

また、お昼ご飯に食べる量が多ければ多い
もしくはご飯やパンといった糖質を食べると
よりはっきりと眠気がくるようになります。

 

なぜかというと糖質は消化をする際に
とてもたくさんのエネルギーを使用するため。

その結果、眠気がとても強くなります。

 

食事を減らすことで消化することが減る

ゆえに内臓にかかる負担が減る。

 

そうなることで免疫力が高まっていったのです。

 

なぜそう言えるのかというと
実は東洋医学的に考えると
消化をするところは胃だけではなく
実は脾臓といった臓器も関係しています。

 

一般的には消化をするのは胃だけだと
思われていますが、東洋医学では脾胃と言って
脾臓も胃の働きを助ける役割がある。

そう言われていたりします。

 

しかし、脾臓には胃と同じような
消化の働きだけでなく他の働きもあります。

 

それが免疫を高める役割です。

 

そして、脾臓も体と同じで
消化と免疫の働きを同時に行うことは
できないような仕組みになっています。

消化をしている際は免疫の働きができないので
風邪といった症状や口内炎、ウイルスや細菌に対する
防御ができにくくなっています。

 

食事を摂る量、糖質を控えると
免疫力が高まることで症状を抑えてくれます。

 

これが花粉症の体質改善のための
対策法1つ目。

 

食事をたくさん食べる

胃だけでなく脾臓も消化を助ける

脾臓が免疫の働きをできなくなる

免疫力が下がる

体内に入ってきた花粉を退治できない

鼻水や目のかゆみといった症状が出る

 

こういった結果になるので
食事の量を1日1食や1,5食に
減らしてみることをお勧めします。

 

では、1食はいつ食べればいいのか?

1,5食はどうすればいいのか?

といったところが疑問になるかと思います。

 
基本的に食事は夜のみ。

寝る前の3時間前には済ませましょう。

 

朝と昼は食べません。

それに朝、昼を食べないでいると
仕事中に眠くなるなんてことは
一切ありませんでした。

むしろ集中力が増すといったことを
体感できます。

眠くならないので当然ですね。

 

また1,5食の場合は
昼に軽く食べる程度にする。

この時もコンビニ弁当、お惣菜は
避けるようにしましょう。

基本的にサラダ、もしくはピーナッツ以外の
ナッツ類なんかがオススメです。

 

ちなみにサラダに関しては
コンビニやスーパーで買うものだと
色を良くしたり腐りにくくしたりする添加物や

洗いすぎることでの栄養の流出があると
言われているので極力控えた方が
いいかと思います。

 

◉食べ物を変えることで効果が出た理由

 

以前までは自炊もあまりせず
惣菜を買ってきておかずにして
炊いたご飯(白米)と一緒に食べていました。

白米は美味しいのはわかるんですけどね…

 

これがまずかった…

 

惣菜は油物が多いですし、
調味料に砂糖を使ったものが多い。

また、惣菜などは添加物などが
多く含まれているので消化する際に
内臓への負担も自然のものに比べると
大きくなってしまいます。

それに消化の悪い白米という糖質。

ゆえに内臓(脾臓)に負担がかかって
免疫力が下がっていたことが挙げられます。

 

しかし、野菜中心の生活にすると
ほとんどの野菜は消化によく負担も少ないので
免疫力の低下を抑えてくれます。

ただし、ごぼうや筍やレンコンといった
固い野菜は消化に悪いです。

基本的に葉野菜や土から出た状態で
収穫できる野菜は消化にいいと思ってください。

 

それに野菜は惣菜のものに比べると
栄養がたくさんあるので
少ない量でも十分に栄養を
補給できると考えられます。

 

なので食べるものを変えたことで
免疫力が上がって体質改善になり
花粉症の症状が抑えられてきた。

 

そのように実感しています。

 
スポンサーリンク
 

呼吸法をやってみた

 

これに関しては花粉症を良くしたいから
やってみたというわけではなく
ちょっとどんな効果があるのかと
気になったのでやってみていました。

 

しかし、後で振り返ると
これも効果があったんだと実感しています。

 

では呼吸法が花粉症の体質改善に
効果があったと言える理由について
お話ししたいと思います。

 

◉呼吸法が効果のあった理由

 

先ほどの、免疫のお話は覚えていますか??

内臓(脾臓)が元気になることで
免疫力が高まって体内に入ってきた
花粉を退治することが活発になる。

その結果、花粉症の症状が少なくなる。

 

といった話です。

 

しかし、内臓の働きを良くするには
もう一つ方法がありました。

 

それが血液。

 

そもそも人間の体って血液が流れることで
細胞の交換がされてたくさんの体の部分が
動いていますよね。

 

内臓もそう。

血液といった栄養がたくさん入ってくることで
働きが活発になります。

 

ゆえに運動すれば血流も良くなる

内臓も良く働くようになる。

免疫力が高まる

 

こういったことから呼吸法をすることで
軽く心臓に負荷がかかるので

心臓がいつもより頑張って動く

血流が良くなるというわけです。

 

また血流が良くなるだけではありません。

 

呼吸法をすることで
体内の横隔膜が上下に動きます。

そうすることで体内の臓器を圧迫した後に
解放といったことをすることで
強制的に動かします。

 

動くことで働きが良くなる

働きが良くなるので免疫力も高まっていく。

といったことが考えられます。

 

なので呼吸法が花粉症を良くするための
体質改善に効果的と考えています。

 

この呼吸法のやり方ですが

⑴7秒かけて息を吸う
⑵7秒間、息を止める
⑶7秒かけて息を吐き切る

これを約10分間行うだけ。

 

朝でも昼でも夜でも
いつでもできる時で構いません。

 
スポンサーリンク
 

まとめ

 

私の周りで花粉症に悩んでいる人たちは
少なくとも1日2食は食べていたり
多い人は隙間時間があれば
常に口に物を含んでいる人が多いです。

他には砂糖を多く含む食べ物や
ご飯やパンといった糖質を
たくさん食べている人ばかりです。

 

そんな姿を見て、

『だからあなたは花粉症が治らないんですよ』

と心の中で言っています(笑

 

私が実践した方法は

✅食事を摂る量を減らす(1日1食)

✅血流を良くする(呼吸法)

この2つをすることで免疫力が上がっていき
花粉症の症状から悩まされなくなったと
実感しています。

 

鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどで
悩んでいるあなたは騙されたと思って
やってみてください。

 

体質改善に関する方法なので
すぐに効果があるとは言い切れません。

今までの生活によって
現在の結果につながっている。

なので今までの悪習慣が長ければ
長いほど時間もかかるというわけです。

 

食事を1日1食にした場合、
早い人だと1週間ほどで効果を感じられますよ!

しかし、最低でも1か月。
また、3か月ほどは実践してみてほしいです。

というのも血液が生まれ変わるのは
90日(3か月)と言われているからです。

血液が変わる=細胞が変わるので体質が変わる
ということです。

 

毎年悩む花粉症。

薬に頼るなとは言いません。

 

しかし、薬に頼っていては
いつまでたってもいたちごっこ。

それにいくら副作用が少ないと言っても
若干でも感じたりする薬。

 

マスク代もかからない
ティッシュも買わなくて済む
病院へ行く手間も省ける
何よりストレスから解放される

 

根本的に体質改善をして上記のような
花粉症の悩みから解放される方が
個人的にはいいかと思います。

悩みやストレスがなくなりますから
生活も快適になります(^^)

 

また、どうでもいいかもしれませんが
野菜をたくさん食べると
お肌もキレイになるしお通じもよくなります!

これを書いているのは男で
肌なんか全然気にしてないのに
特にツヤとみずみずしさを実感するほど
綺麗になりました(笑

 

今回ご紹介した方法で
花粉症の悩みから解放されましょう!

 
スポンサーリンク