花粉症といえばアレルギーによって
なるのは知っている人も多いですよね。。

治したいからといっても
花粉症の原因となるアレルギーが
何かわからないと対策も打てないので
治療もできませんよね。

スギなのかヒノキなのか
それともそれ以外なのか。

 

なので一度、アレルギー検査を受けて
原因をはっきりさせよう!

 

でも費用は高いと聞くので
アレルギー検査にかかる費用はいくらで
保険は適用されるのか?

また、何科で受ければいいのか?

そんな疑問にお答えしていきます!

 

スポンサーリンク
 

花粉症のアレルギー検査にかかる費用はいくら?

 

病院へ行って検査を
行ってもらう必要がありますので
花粉症のアレルギー検査にも
費用がかかってきます。

 

病院や検査の種類で
値段が変わってきます。

 

目安になりますので、参考にしていただき
何かあった時にも対処できるように
検査を受ける際は目安の金額より
多めにお金を持っていくようにしましょう。

 

血液検査

 

トータルで平均4000円〜6000円。

 

なぜこのように値段が高めで
幅広い値段になっているのかというと
病院だけでなく検査法によって
値段が違ってきます。

 

例えば原因となるアレルゲンを調べたり
IgEというアレルギーに対する抵抗力を調べたり
検査判断料があったりで
それぞれを組み合わせることで
費用が変わってきてしまいます。

検査ー約1500円
アレルゲンを調べるー約1000円
IgE総量の検査ー1000円

 

詳しくするとこういった
値段がかかってきています。

 

保険の適用に関しては後述しますが
花粉症のアレルギー検査による費用は
最低でも4000円弱かかってくる
ということになります。

 

また花粉症のアレルギー検査で
血液検査そする子供の場合、
採血することが困難なことがありますよね。

 

そこで指先から
血液を採取する方法もありますが
この方法ですと原因となる
花粉の特定が限られてきたりします。

しかし、手軽でもあり
子供のように採血を怖がる場合は
この指先から採血する検査法で
花粉症の原因を調べるのもいいかもしれません。

 

皮膚検査

 

1箇所160円。
21箇所以内(21箇所含む)まで1箇所160円。

22箇所以上の検査になると
3500円かかります。

これ以上はかかりません。

 

また皮膚検査はとてもお手軽にでき、
なおかつ結果をすぐに知ることができる
メリットがあります。

 

どう行った検査の方法かというと
皮膚にアレルギーとなる
花粉の液体を垂らすことで腫れたり
赤くなる反応を見ることで結果を知る方法です。

 

ちなみに子供の花粉症で
皮膚検査をする場合は
生後4か月以降の赤ちゃんから
検査を受けることが可能だそうです。

 

ただし、液体を垂らすことで
かゆみなども出る可能性があるので
触ったりして反応がわからなくなることを
防ぐようにはしないといけません。

子供にとっては酷になる
少し抑えつける必要が
出てくるかもしれませんので
注意してくださいね。

 

鼻粘膜誘発テスト

 

こちらも皮膚検査同様の
値段になってきます。

1箇所160円
22箇所以上はかかりません。

 

どのアレルギー検査も
トータルで3000〜6000円。

ですが、病院へ行った場合、
これ以外にかかってくる費用も
出てくる可能性があるので
もう少し多めにお金を持って行くか

 

病院へ一度電話をして
花粉症のアレルギー検査の費用について
問い合わせをして一体いくらかかるのか?

詳細を聞いてから病院へ行って
診察を受けると安心できますね。

 
スポンサーリンク
 

花粉症の検査は保険が適用されるのかどうか

 

結論から言いますと
花粉症の検査には保険は適用です!

 

しかし、注意が必要
アレルギーの症状(下記に記述)が出た場合に
検査をすると保険は適用になるのです。

 

アレルギーの症状

☑️蕁麻疹、かゆみ
☑️目の周りの腫れ
☑️目の充血
☑️くしゃみ、鼻水、鼻づまり
☑️呼吸困難
☑️腹痛、下痢

こういったアレルギー症状を感じて
検査を受けると保険適用になります。

 

なので鼻水やくしゃみや
目のかゆみを感じている場合、
花粉症でのアレルギー検査の費用は
保険が適用されるということ。

 

また、症状が出ていない状態でも

◉過去に花粉症で悩まされた
◉卵で蕁麻疹が出た

なんて経験がある場合も
アレルギー検査の際、
保険適用になります。

 

では保険適用されない場合は
一体どう行った状態での検査かというと

◉症状を感じないけど調べたい
◉アレルギー検査をやってみたい

このような状態で検査を受ける場合は
保険適用外となる可能性があるので
くれぐれもご注意ください。

 

花粉症のアレルギー検査は何科で受ける?

 

花粉症でアレルギー検査を受けたいけど
何科に行けばいいかわからない。

そんな場合は耳鼻科、
もしくは眼科へ行きましょう。

 

というのも花粉症と言うと
症状は様々ですよね。

 

なので鼻水や鼻づまりといった場合は
耳鼻科へ行って検査を受ける。

目のかゆみや涙目などは
眼科へ行って検査を受けるようにしましょう!

喉に痛みがあったりしたら
耳鼻咽喉科で検査を受ける。

 

他には耳鼻咽喉科やアレルギー科
行って検査を受けることもできます。

 

また、しっかりとした花粉症の
アレルギー検査を受けたい場合は
お医者さんに検査をしてもらえるかどうか
直接聞いて受けるようにしましょう!

 

まとめ

 

花粉症のアレルギー検査を
受けようとしてもかかる費用がいくらかわからず
病院へ行って診察を受けても
会計の時にお金が足りないと焦りますよね。

それに病院での診察も
保険が適用されるかどうかで
値段が全然違うので、受診する際は
今回の注意事項は守るようにしましょう!

 

過去にアレルギー症状を感じた場合、
現在花粉症といったアレルギー症状を
感じている場合は保険適用。

症状を感じない人や
興味本位でアレルギー検査を受けたい人は
保険適用外なので気をつけてくださいね。

 

また、今回ご紹介した費用ですが
病院でかかる検査代のみの費用です。

 

診察の後に薬を処方してもらって
薬を買う場合はさらにお金がかかると思いますので
もう少しお金を持っていく必要があります。

 

花粉症で辛い人は
一度検査をしてもらって原因が何か知り
早めの対策を打てるといいですね。

それに花粉症の原因がスギなどと
特定されると花粉が飛ぶ時期に
原因を少しでも避けることに
役立つかと思いますので
ぜひ検討してみてください。

 
スポンサーリンク