wagashi asobiと聞くと
何屋さん?なんて思いますよね!

でも実は和菓子のお店。
しかもかなりのこだわりを持った
和菓子のイメージのない実店舗。

そんなwagashi asobiの
評判や口コミについて調べてみました!

スポンサーリンク

wagashi asobiについて

wagashi asobi
〒145-0064 東京都大田区上池台1-31-1-101
TEL & FAX 03-3748-3539
東急池上線「長原」駅 徒歩1分
改札を出て左・つきあたりを右・80m進んだ左側の駐輪場手前
小さなハーブガーデンが目印です。
営業時間 10:00~17:00
定休日:不定休
イベント等で不在の場合がございますので、ご来店の際は事前にお問い合わせください。

稲葉基大さん浅野理生さん
2人でお店をされているそうです。

wagashi asobiの一番驚く所は
何と言っても売っている商品は2品だけ!

普通どの和菓子屋さんも
数十種類の商品を取り扱っている中
2品だけという一風変わった和菓子屋。

そのこだわった2品とは
ドライフルーツの羊羹と
ハーブのらくがん。

使っている食材が
もう和菓子ではない感じですね!

でも実際の見た目は
しっかりとした和菓子。

さらには店舗の内装も
和菓子屋とは思えない
まるでカフェのような内装。

前を通っただけで判断すると
「あ、良さげなカフェみっけ!」
なんて思うほど。

さらに食べ方がすごいんです!

ドライフルーツの羊羹は
バケットにクリームチーズとともに
乗せて食べる。

しかも赤ワインや洋酒のアテとして。

どんな和菓子やねん(笑

食べ方がもう洋菓子のように思えますよね!

気になる口コミや評判は?

ドライフルーツの羊羹に
ハーブのらくがんと
和菓子に使うなんて聞きなれない食材。

やっぱり評判の方も賛否両論。

・和菓子というか洋菓子に思える
・お勧めの食べ方だととてもおいしい
・あまりの美味しさに止まらない

なんていい評判もある一方、
ドライフルーツの羊羹はどうやら
お酒が強いらしくお酒が飲めない人や
お子様にはどうやら不向きなようです。

食べる人を選ぶ和菓子。
そう思ってもいいかもしれませんね。

でもそれほどにまでこだわりのある
お店「wagashi asobi」

私はそう言ったこだわりがあるのは好きですし、
一度は食べてみたいと思います。

お酒飲めませんけどね(笑

他には水切りしたヨーグルトと
食べるのが美味しいらしいです!

次にハーブを使ったらくがん!

和菓子といえばともにする日本茶ですが
らくがんの方もどうやら日本茶より
紅茶の方が合うそうです。

活動範囲が日本だけではない!

実はwagashi asobiさん。
活動が日本国内にとどまらずに
海外にまで進出しているそうなんです。

NYの展示会への参加やParisで茶会を開いたり。

和菓子を世界に広めようと
積極的に活動されているようです。

HPでは過去に作った和菓子の写真が
約360枚ほどありました!

どれもとても個性的で
一見すると洋菓子にしか思えないほどの
見た目な和菓子もありました!

どれもこれも見た目が綺麗…

そして美味しそう!

そりゃ海外でも受け入れられる。
と納得してしまいました。

まとめ

ドライフルーツの羊羹と
ハーブのらくがんの2品しか扱っていない
とてもこだわりの強いお店
「wagashi asobi」

ここを目当てに全国だけでなく
海外からもこのお店が目当てで
買いに来る人がいるほど。

話題にもできるので
一度は食べてみたくなりますね!

そんな「wagashi asobi」さん
4月9日放送のクロスロードという番組に
稲葉基大さん、浅野理生さんの
2人のw菓子職人の紹介として出演されます!

要チェックですね!

スポンサーリンク