韓国伝統菓子で有名の
「ソルビン(雪氷)」がついに日本上陸です!

場所は東京の原宿!!

コリアンデザートとして
元は釜山で創業したソルビン。

コンセプトは
「伝統とモダンが混じり合った温かくぬくもりがある感覚」
なんだそうです。

どんなスイーツなのか
気になるところですね!

調べてみると餅にきな粉にアズキと
日本では馴染みのある食材ばかり…

それを使って韓国の伝統菓子を
現代風にアレンジしたスイーツの
提供をしているそうなんですね。

ちょっとイメージがわかないので
韓国伝統菓子やソルビンについて
調べてみました!

スポンサーリンク

そもそもソルビンって何??

ソルビンとは韓国でとても注目されている
伝統スイーツカフェのこと!

「雪氷」と書いてソルビンと
読むそうです!

どんなスイーツを提供してくれるのかというと
簡単に言うと「かき氷」

って日本にもあるやん…

と思ったのはこれを書いている
私だけではないはず!

調べてみるとこのかき氷、
とても印象的な食感が
あるそうなんですね!

どんな食感かというと
「口の中に入れるととろけてしまう」
なんていう食感だそうです。

そのために
・もう一度食べたい!!
・一度食べると忘れられない!

などなどとても強い印象を
残すみたいですね!

そして氷は自ら作るのではなく
なんと牛乳で作るそうなんですね。

牛乳で作るかき氷。
ちょっと意外ですね!

そして韓国ではかき氷のことを
「パッピンス」なんて言うそう。

日本のかき氷と韓国のかき氷の違いとは?

そこで気になる日本と韓国の
かき氷の違いはどんなところにあるのか??

ちょっと調べてみたところ
日本のかき氷は水を凍らせた氷に
いちごやメロンなどといったシロップを
かけて食べる物

対して韓国のかき氷は
牛乳を凍らせた氷に
バナナやイチゴ、キウイなどといった
たくさんの果物にアイスや餅などを入れて
見た目をきれいにして盛り付けられたもの。

とかき氷と言っても国が違うだけで
内容が全然違いますね!

韓国伝統菓子について

ソルビンを調べてみると
韓国の伝統菓子なんて言葉が出てきます。

なので韓国の伝統菓子が
どんなものなのか調べてみました!

代表的なのが「韓菓(ハングァ)」
というものだそう。

こちらの見た目は日本でいう
ポン菓子みたいです。

他には「油菓(ユクァ)」
というのがあります。

というか調べてみると色々出てくるんですけど
どれもこれ澪和菓子にそっくりに
思えるようなお菓子ばかり。

韓国伝統菓子なんて言いつつも
やっぱり日本と韓国は
お隣の国ですから
食べ物も似ているせいで
お菓子も似ているんですかね??

そんな印象を受けました(^^)

なので見ていてどれも
美味しそうに見えるし
食べたいなーなんて思います。

普通に外国の食べ物の写真なんか見ると
とても食欲の湧いてこない見た目。

でもそうじゃないんですよね!

まとめ

ソルビン(雪氷)は牛乳で作られた氷で
かき氷を作って上に果物を
乗せて食べるもの!

ということです。

そして食感がとても独特で
韓国ではリピーター続出らしいですよ!

日本でも馴染みのある食材を
使って作るかき氷なので
日本でもリピーターが続出しそうですね!

出店地が渋谷の原宿ですから
人気が出るのは間違いなしですね!

できたら一度は行ってみたいお店ですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク