1月3日、嵐ツボという番組で
相葉雅紀さんがフィリピンで食べた
ホビロンという食べ物が
『忘れられない衝撃な料理』

 

ということで紹介されていました。

 

 

この番組をリアルタイムで観ていた僕は
相葉さんの感想を聞いていただけで
食欲がなくなりました(笑

 

アヒルのひよこが孵化するまでの卵を
茹でて食べるらしいです(笑

 

なので卵を割ってみると
鳥に近い形をした物が
卵を割ると出てくるらしいのです…

 

でもまだまだ知らない人にホビロンについて
いろいろ調べたのでお話ししたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

ホビロンは日本で食べられる?

 

いくら話を聞いたところで
卵を割って鳥のようなものを食べるのか
というのが本当かどうかわからないですよね!

 

なので一度は食べてみたい
という興味のある人も
いるんじゃないかと思ったんですよね。

 

僕からしたらありえないんですけどね(笑

 

そこでホビロンを
日本で食べられる場所はどこか。
調べるとどうやら東京にあるらしい。

 

その詳細ですがベトナム商品を
取り扱っているお店でどうやら
買うことができるらしいです。

 

1つ目

東京は上野にあるアメ横の
センタービルの地下街。

 

2つ目

東京の大田区にある
『福山商店』というお店。

 

どちらもベトナムやタイといった
東南アジア系の食材が手に入るお店。

 

ホビロン以外にも珍しい食べ物が
たくさん買えるらしいですよ!

 

 

もちろん馴染みのある
生春巻きに使われる
ライスペーパーといったものも
売っています!

 

 

ホビロンの味について

 

卵を割ってみると
くちばしや足も形がわかるくらいの食べ物。

 

卵といえば黄身と白身からなっていて
なんとなく味もわかると思うんですよね。

 

 

でもこのホビロンに関しては
もうほぼ鳥の形をしている食べ物。

 

いったいどんな味をしているのか
未知数ですよね。

 

 

でどんな味をしているのかというと
普通のゆでたまごのような味らしいです。

 

 

と言っても見た目がちょっと
食べるのにはよろしくないので
味以前に食べられない気が…

 

 

でも栄養価がとても高いらしい!

妊婦さんにはオススメらしいです!

 

そりゃ鳥一匹を丸々食べると思うと
栄養価もとても高く感じますよね。

 

そうはいっても…
と僕は思いました(笑

 

ちなみに見た目は卵を割って見られないので
ものによっては
あまり形のわからないものもあれば

目やくちばしとはっきりと
輪郭のわかるものもあるようです。

 

 

まとめ

 

ちょっとホビロンについて
日本で食べれる場所や
味についてまとめてみました。

 

 

ゲテ…じゃなくて珍味を
食べてみたいという人は
ぜひ、今回後溶解した東京の
福山商店、アメ横のセンタービル地下街へ
行ってみてはいかがでしょうか。

 

この味にハマる人は
とてもハマるらしいですよ。

 

そりゃ珍味ですからね。

 

食べ物に見た目も大事!
と思う人は個人的には
お勧めしません。

 

というのが僕の感想でした。

スポンサーリンク