ただでさえ痛い口内炎。

食べるのに苦労して
話すのに苦労した1日。

お風呂に入ってゆっくりして
後はもう寝るだけ。

 

ところが寝たいのに
口内炎が痛いから眠れない!

なんてことはありませんか?

 

眠れないと疲れがたまるし
それに睡眠不足が原因と言われる口内炎。

眠れなかったら治らないじゃないか。

ちゃんと眠れたら少しでも
早く治るかもしれないのに…

 

そう悩んでいるあなたに
口内炎が痛くて眠れない原因と
対策についてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

夜に口内炎が痛みを増す理由

 

人間の体には誰でも持っている
コルチゾールというホルモンがあります。

このホルモンは抗炎症作用があって
口内炎の炎症も抑えるように
通常は頑張っています。

 

しかし、このホルモン。
人間の体と同じで活発な時間と
そうでない時間が存在します。

 

活発な時間が起床する少し前からです。

そして、起床してからは
コルチゾールはどんどん減っていくのです。

 

一般的な生活サイクルの場合で
例をお話しします。

 

だいたい7時頃に起床する人が
多いかと思います。

コルチゾールはその約1時間前である
6時に最も活発に働きます。

そして、起床後から夜の間にまでに
徐々にコルチゾールの量も減っていきます。

 

なので口内炎の炎症を抑える役割も
夜になるにつれて弱まります。

その結果、夜に痛みが増してしまうので
口内炎が痛いから眠れない
なんてことになってしまうのです。

 

また、ホルモンバランス以外に
痛くなる原因が他にあります。

 

それが歯が当たる事。

口内炎ができると少しの刺激でも
激痛が走りますよね。

 

その激痛によって目が覚めてしまい
眠れないなんて人も
いるのではないでしょうか。

 

こういったところが
夜に眠れなくなるくらい痛む
口内炎の原因です。

 

スポンサーリンク

 

眠れない口内炎への対策法とは?

 

それはパッチを使うこと。

パッチを使うことで
歯が当たったりしても刺激が少なく
激痛で目が覚めるなんてことも
起きにくいです。

 

実際に、僕も口内炎がひどく
眠れない経験という過去があります。

 

その時にパッチを使ってみたら
まー本当に滲みにくい

パッチを使わない状態なら痛みが80%
パッチを使うと40%ほどと
格段に楽になりました。

 

なので痛くて眠れない人なんかは
口内炎用のパッチを使って眠るようにすると
いいと思います。

ただしパッチを選ぶ際にも注意が必要!

 

口内炎パッチを選ぶ際の注意点

 

大きく分けて口内炎パッチには
2種類あります。

 

✅ステロイド

✅非ステロイド

この2種類に分かれてきます。

 

非ステロイド系を使う分には
それほど問題ではありませんが

ステロイド系のパッチを使う場合は
医師に相談してから購入するようにしてください。

 

ステロイドは使用すると
治療が早く進み、症状が消えるのは
早くなるでしょう。

 

しかし、口内炎の種類によって
ステロイド系のパッチを使っていい場合と
良くない場合があります。

一般的にほとんどの人が
発症するアフタ性口内炎以外の
語る性口内炎やウイルス性口内炎などの場合

ステロイド系のパッチを使うと
逆に悪化させてしまうことも。

 

というのもアフタ性口内炎以外の口内炎に
ステロイド系のものを使うと
自ら出していた免疫力も抑えてしまうので
口内炎をより悪化させてしまったりします。

 

それを防ぐためには
病院へ行ってどんな口内炎か知ることで
ステロイドを使っても大丈夫なのか

控えた方がいい場合なのかが
わかってくるのでまずは診察を受けることから
始めるといいでしょう。

 

口内炎パッチを使うと
炎症部分に歯が当たっても
痛みが以前より痛くなかったり

そうすることで睡眠をよくとり
口内炎の治りも早くなるでしょう。

 

副作用なんかが心配な場合は
ハチミツを塗っても効果があります。

それにハチミツを口内炎に塗ると
パッチ入りのステロイドよりも
効くという一節もあります。

 

まとめ

 

口内炎パッチにもいろいろあり
薬局へ行ってもどれがストロイド入りで
どれが非ステロイドなのか
わからないと思います。

その場合、店員さんなどに聞き
見つけられるようにしましょう!

 

今回ご紹介した口内炎が痛くて眠れない時は、
睡眠をとることを優先させました。
ステロイドに頼ることもまた
大切ではないかと思います。

眠れないと朝がつらいですし
起きた後の1日も眠気で
上手く過ごせないなんてこともあるでしょう。

 

なので睡眠に関しては
ちゃんと取るようにして
口内炎を乗り切りましょう!
 

スポンサーリンク